ホーム > 先輩看護師メッセージ > 北山 巧

積極的に後押ししてくれる
教育環境に魅力を感じ就職しました。

北山 巧

所属:2階西病棟 入職年:平成24年4月 出身校:八戸看護専門学校

今の病院を選んだ理由

脳卒中リハビリテーション認定看護師に興味を持ち、取得に向けて脳神経外科の急性期を経験したいと思っていました。脳神経外科の急性期を経験できることのみではなく、スキルアップにも積極的に後押ししてくれる教育環境に魅力を感じ就職しました。

仕事内容について

2階西病棟に勤務しており脳神経外科、心臓血管外科の急性期患者の受け入れをしています。脳血管疾患の患者様は、刻々と状態悪化することがあり確かな観察力・判断力が求められます。急な発症で動揺する家族も多く家族を含めた看護が必要になります。早期離床に向けた関わりも重要で、医師・リハスタッフなど他職種と連携し仕事をしています。

あなたが思う病院の良いところは?

救急の受け入れ件数が多く活気があります。それだけではなく、医療の質向上に向けヒヤリハット大会や各研修や勉強会などを積極的に行い、専門知識を深める事や安全な医療の提供に向けプロ意識をもって働いています。福利厚生も整っており、働くスタッフにとって安心できる環境にあります。

職場の雰囲気はどうですか?

スタッフの年齢層が近く、みんなが気を使わずに話が出来るため明るく活気があります。日々の業務は多忙ですが、みんなで協力し合い責任をもって日々の業務をしています。不安なことや、分からないことも表出しやすく働きやすいです。

就職・見学を考えられている皆さんに一言

当院は救急病院で、救急車の受け入れ件数は市内トップクラスです。そのため様々な症例に出会い、貴重な体験ができます。各スタッフが専門領域を自覚を持って働いています。優秀なスタッフの人材育成に向けた支援も充実しており、スキルアップにはもってこいの環境です。ぜひ仙台徳洲会病院で一緒に働きましょう。

このページのトップへ