ホーム > 認定看護師メッセージ > 江口 かつら

江口 かつら

皮膚・排泄ケア認定看護師

認定看護師を取得しようと思ったきっかけ

外科病棟で勤務する中で、オストメイトの看護に携わることが多くありました。その中で、オストメイトが持つ疑問や不安を受け止めることができず、私自身が悩むことが多かったです。
そのため、もっと幅広い知識を持ち、看護に役立てたいと思い、皮膚・排泄ケア認定看護師を取得しようと思いました。

 

認定看護師になって取り組んでいること

退院後の生活に合わせたケアが提供できるよう入院中より各職種の方と連携をとるように努めています。
また、退院後の外来受診時も、生活の変化に伴う状態変化に合わせたケアの提供に努めています。

認定看護師として心掛けていることは

患者、家族の話によく耳を傾け、信頼関係を築けるよう心がけています。
また、スタッフとの連携を大切に、情報交換を密に行い、統一した看護が提供できるように心がけています。

認定看護師を目指そうと思っている看護師へのメッセージ

認定看護師は大変だとよくいわれることがあります。でも、決してそうではありません。自分が知りたいと思う知識を身につけ、個々の状態に合わせた看護を展開できる、とてもやりがいのある仕事です。
特に、皮膚・排泄ケア認定看護師は、人が誕生してから最後の時まで携われる分野だと思いっています。
ぜひ、一緒にがんばってみませんか?

このページのトップへ