ホーム > 認定看護師メッセージ > 今井 明子

今井 明子

緩和ケア認定看護師

認定看護師を取得しようと思ったきっかけ

がん終末期の患者さんから「つらい、看護師ならなんかできないのか」と強い口調で言われ、何をしていいのかわからず患者さんから足を遠ざけてしまったことがあります。私の知識のなさから患者さんのつらさに向き合わず、つらさをやわらげられなかったこと…本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。このことがきっかけとなり緩和ケアについての知識・技術を身につけたいと思い緩和ケア認定看護師になろうと決めました。

 

認定看護師になって取り組んでいること

患者さん、家族の方のがん治療に対する不安や悩みなどを聞きアドバイスをしています。また、患者さんの体の痛みや心の悩みでなく、生活上のつらさもやわらげる手助けをしています。

認定看護師として心掛けていることは

患者さんの体と心のつらさなどの治療のほか、患者さんの社会生活や家族を含めたサポートを行うために様々な職種の方が関与しています。情報交換を行い、連携をスムーズに行えるよう調整しています。よりよいチーム医療ができるよう心掛けています。

認定看護師を目指そうと思っている看護師へのメッセージ

専門性を持ち自分の役割を発揮できることは、とてもやりがいを感じます。また、広い視野で物事を考えられるようになり看護の幅が広がり楽しさも感じることができます。
皆さんも専門性を高め、一緒に頑張りましょう。楽しみにしています。

このページのトップへ