ホーム > 認定看護師メッセージ > 石森 史恵

石森 史恵

皮膚・排泄ケア認定看護師

認定看護師を取得しようと思ったきっかけ

もともとは内科希望で外科系の創傷には苦手意識があり興味もありませんでした。 看護師として数年たった頃に、ストーマを持つ患者を受け持つことになりましたが、ケア手技が伴わず、ますます苦手意識が強まりました。そんな時に皮膚・排泄ケア認定看護師(WOC)の資格を持つ先輩看護師と出会いました。ケアの手技だけでなく医師との意見交換・患者さんやスタッフに対する疑問にも的確に対応し、指導も丁寧で親切で初めて「あこがれる先輩」となりました。一緒にケアや勉強を重ね、患者さんからも声をかけていただくようになり、もっと知識や手技を確実なものとし、自信をつけたいと思いWOCを目指そうと思いました。

 

認定看護師になって取り組んでいること

習得した知識を生かし、ストーマケアや褥瘡の予防から発生の管理などを行っています。褥瘡患者さんに対しては、毎週褥瘡回診を行い他職種(医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士)と連携して褥瘡評価・ケア方法を検討し、発生した症例に関しては症例検討を行い再発予防に努めています。医療機器圧迫損傷(NPPVマスク・弾性ストッキング)により発生する皮膚トラブルの予防やケア指導も行っています。入院中にとどまらず、退院後も医師と継続して(外来での)ケアや相談・指導も行っています。
認定看護師としての知識を生かし、院内医療講演を行っています。地域の皆さんの為になる講演ができるよう頑張っています。どなたでも是非ご参加下さい。

認定看護師として心掛けていることは

まだまだ手探りですが、意志・看護師・患者さんやその家族等から様々な相談を頂き、習得した知識を生かして相談者が負担とならないように相談や指導・提案を行っています。 また医師とも治療などに関しての情報交換を行うことで患者さんの状況に応じたケアを行っています。ひとりで突っ走るのではなく、よりよいアドバイスやケアが提供できる様、医師など他職種との関わりを大切にしています。

認定看護師を目指そうと思っている看護師へのメッセージ

認定看護師にはさまざまな種類があります。看護師として働く中で、興味のある事を見つけ学びを深めることは医師や看護師、患者さん等からの信頼や、自分の自信にも繋がります。認定看護師として専門的な知識・技術を身につけやりがいのある仕事にしてみませんか。

このページのトップへ