ホーム > >看護部案内 > 3階東病棟

3階東病棟

3階東病棟は平成28年8月に開棟した内科全般の病棟です。高齢の内科疾患患者の入院や、退院調整に移行した、他病棟からの転棟患者の受け入れが主な対象です。退院調整においては、リハビリテーションスタッフや、医療ソーシャルワーカーとの連携も密で、充分な協力体制が出来ています。新人看護師はもとより、中途採用者にも可能な限りパートナーシップ看護方式を適応させています。
スタッフは若く活気があり、コミュニケーションも良く取れています。

科別
内科全般(その他転棟で脳外科、外科など)
病床数
49床
疾患
内科救急、肺炎、尿路感染、脱水、脳梗塞
夜勤
2交代 3交代

病棟やスタッフの雰囲気・年齢層を教えてください

緊急入院にもスムーズに適応でき、高齢者を看護していることもあってか、優しい看護師が多いです。看護師は20歳代、30歳代、40歳代と、バランスよく構成されています。
いざというときには頼れる男性看護師も配属されています。

新人看護師はこう育てたい

・患者の変化に気づくことができる、患者の困っていることに目を向け着手できる。
・エビデンスをもって対応できる。

将来なってほしい看護師像

・看護師としての自覚と責任を持ち行動できる看護師。
・良心的に業務を遂行できる看護師。
・目標に向かって、努力する姿勢を持つ。

教育のポイント

・パートナーシップシステムの導入
・新人対象研修会への計画的参加

病棟独自の取り組みについて

退院調整においては、リハビリテーションスタッフや医療ソーシャルワーカーとの連携が必須ですが、常時連絡を取り合う様子や、他病棟との連携も十分にできている病棟です。

就職・見学を希望されている方へのメッセージ

高齢者問題が取り沙汰されている現状において、当病棟はまさしくその問題の真っただ中で活動しています。退院調整が進むことでのやりがいも感じられる病棟です。

このページのトップへ